2018年07月30日

暑いせいか、不思議な人々がわいてくる・・・・・

暑すぎると、シンドイので動きがのろくなっているような気がします。


自分だけでしょうか???

イラついている人も多いので、人混みはちょっと怖いです。
通勤電車なんか特に怖いです。


電車の中に、裸足の男性がいました・・・・・・


まぁ、靴も蒸れるし気持ち悪いよね・・・・・なんて思いつつ。
脱いだはずの靴はどこに????

荷物もない・・・・

出掛ける時から裸足で来たのか?


非常に気になる。が、聞けない・・・・・・



道行くサラリーマンの中に、

上はランニングシャツ・・・・・
他は通勤仕様の為、ワイシャツはカバンに入っているのか職場に置いてあるのか。。。。

本人が快適ならがそれでよし。


職場の人に見られて、文句を言われない環境なら、ありだと思います。



まずは、自分を守ることが大事。


自分の安全が確保できなければ、他人を思いやる余裕なんてないですよね・・・・・
と、思う今日この頃・





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 12:00| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

暑い・・・・・暑すぎる

夏なんだから仕方がないとはいえ、
暑いものは暑い。

自覚症状が出てからでは手遅れらしい、熱中症。
年よりはより気を付けなければいけません。

水なんかじゃダメ。

ということで、カバンにはスポーツ飲料を入れてあります。

ちょっと不調を感じると、もしかして・・・・・

と、不安になってしまいます。



ただ、暑くてシンドイだけなのか、まずい状況なのか、
判断できるようにググっておかないと・・・・・







にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 18:21| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

「雨に泣いてる」真山仁

人はなぜ過ちを犯すのか。

3月11日、東北地方に巨大地震発生。
人間の営みが蹂躙された被災地で、
懸命に取材を行う一人の新聞記者が
探り当ててしまったのは、
そこにある悲劇だけではなかった。

最大の挑戦にして、最高到達点。
心を撃ち抜く衝撃の社会派ミステリ誕生。

書き下ろし

3月11日、宮城県沖を震源地とする巨大地震が発生し、
東北地方は壊滅的な打撃を受けた。
毎朝新聞社会部記者の大嶽圭介は志願し現地取材に
向かう。
阪神・淡路大震災の際の失敗≠克服するため、
どうしても被災地に行きたかったのだ。
被災地に入った大嶽を待っていたのは、ベテラン記者もが言葉を失うほどの惨状と、
取材中に被災し行方不明になった新人記者の松本真理子を捜索してほしいという特命だった。
過酷な取材を敢行しながら松本を捜す大嶽は、
津波で亡くなった地元で尊敬を集める僧侶の素性が、
13年前に放火殺人で指名手配を受けている凶悪犯だと知る……。

あなたなら、その時、何ができるだろう?




購入して、少し時間が経ってしまった。
読み始めて・・・・・

あれ???
ミステリーとして買ったはず???

と思ってしまった。

が、ちゃんとミステリーだった。

ゆとり世代の困ったちゃんお嬢様の、新人女性記者にイライラ。。。

まるでドラマ「24」の余計なことばかりしてくれる娘・・・・・なんてことを思い出しつつ。



人として・・・・・と記者として・・・・・の取るべき行動は違うのか。そうなのか。


自分の利益優先の為の汚い騙しあいもありつつ。


人の罪は現在の行いによってなかったことに出来るのか。
暴くべきか、そぉ〜っとしておくべきか。

そもそも、この人は悪人だったのか・・・・・

なかなか読み応えがありました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雨に泣いてる (幻冬舎文庫) [ 真山仁 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/7/16時点)









にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 18:06| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資とは・・・・・

余ったお金を運用する。

決して生活の中からひねり出してはいけない・・・・・


なくなったとしても、諦めることが出来る金額。

年利8%なら大成功!


  1億円−800万円
100万円−8万円
  1万円−800円




この違いが、貧乏人が頑張れないとこなのかな・・・・・
500円玉貯金の方が頑張れそうな気がする。







にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ





posted by のほほん at 10:00| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

楽なお金の稼ぎかた

調べてみれば、いろいろな情報が出てきますが、
なかなか簡単に上手くはいきません。

もちろん、上手く稼いでいる方々もたくさんいらっしゃいます。

身近にも、稼いでいる方がいます。
真似すればいいこと。
かもしれませんが、それでもうまくいかない。


自分はその人たちと何が違うのか。


・最初に使える資金。
・そんなの無理と思って何もしない。
・とりあえずやってみる行動力。


上手くいっている人は、
やったからには必ず成功させる❗と
情報をかき集め、詳しい人、成功している人にどんどん接触していく。

ひとつがうまくいくと、そこで、得たお金や人脈を使って
仕入れた情報の中からまた新しいことにどんどんチャレンジしていき、さらに増やしていく。


わかってはいても、なかなか行動できない怠け者は貧乏なまま。

とにかくスタートしないことには始まらない。







にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 19:25| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金と時間と疲労感のバランス・・・・・

朝早くから出掛けて、遅い時間に帰ってきて、
家では寝るだけ。

その反動で休みは寝て終了。

無駄遣いしなくてよいという考え方もあるが、生活に余裕もなく。

かといって、やり直しのきく年齢ではない。
この生活でさえ、いつまでも続けられるわけでもない。

さてどうしましょう。





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 19:21| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコン対策。やはり間違っていたのかな。

Tシャツのまま出掛けて、
電車の中が、寒かった時用に、パーカーかカーディガンを手で持つか、
腰に巻いておき、
寒いと思ったら着る。

電車から降りるときにはまた脱ぐ。

建物に入って寒いと感じてから、カーディガン、パーカーを羽織り、レギンスをはく。

この方法にしてから、ホッカイロを貼らずに過ごせている。


やっぱ、めんどくさがらずに、その時の体感で着るものを調整するのが一番なのかな。





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 19:18| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

今更ながらのエアコン対策

暑い・・・・
けど、電車の中も、建物の中も寒すぎる。
なので、出掛けるときから完全防寒仕様。

でも、やっぱ冷え冷え。

汗をかいて体を冷やしてしまうせい?

で、出掛けるときは夏仕様にして、
寒いと感じてから上着を羽織る。

中に、重ね着をしていく。
に変更してみようかと・・・・・

荷物がどんどん増えていくけど、快適に過ごせれば
それでよし。
うまくいくといいな。




posted by のほほん at 09:10| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

「死刑にいたる病」櫛木理宇

鬱屈した日々を送る大学生、筧井雅也(かけいまさや)に届いた一通の手紙。
それは稀代の連続殺人鬼・榛村大和(はいむらやまと)からのものだった。
「罪は認めるが、最後の一件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」
地域で人気のあるパン屋の元店主にして、自分のよき理解者であった大和に頼まれ
、事件の再調査を始めた雅也。その人生に潜む負の連鎖を知るうち、
雅也はなぜか大和に魅せられていき……
一つ一つの選択が明らかにしていく残酷な真実とは。
『チェインドッグ』を改題・文庫化。



面白くないわけでもなく、読みにくい訳でもないのに、
最初のうちはなかなかページが進まず・・・・

どこからかは忘れたものの、
止まらなくなり一気に終了。


自分の偏った思考の読むものには、
連続殺人犯だ、サイコパスだ、上手くいかない現実を受け入れられずにイラ立つだ、
珍しくもないパーツ。


たまには普段と違うジャンルの本を選ぼう!
なんて思ってもいつも通りの選択・・・・・


しかし、そんな偏った選択をし続けてもまだまだ、
驚かせてくれる本はたくさんあります。
ありがたい!


今回のサイコパスさんも素晴らしかったです・・・・・・
怖すぎ・・・少しずつしみ込んでくるイヤ〜な感じ。

ひどい奴だとわかっていても、好意を捨てることができない・・・・・
自分が選択した(させられた)ことで、他者に被害を与えてしまったことに対する罪悪感。


自分が選ばれたという優越感!
人間って認められたい生き物なんでしょう。


サイコパスにとっては、いっぱいまいた餌に食いついた一人にすぎない。
生きている間続ける、暇つぶしのようなゲームの一つに過ぎない・・・・・


幼少期のトラウマだの脳の傷だのいろいろ上げたところで、
見た目もあまり変わらず、同じように生活しているものの、

根本的に別の生き物なのではないのだろうか。








にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 19:53| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする