2017年02月05日

予約席

知人と二人で食事に行くことになり、
待ち合わせの場所でお店を探す。
以前行ったことがありなかなかよかった場所と、他の場所で入ったことがある系列店。
待ち合わせ前に各々の場所を確認して空き具合をチェック。
一ヶ所は外からわからず、電話で確認。
すぐに一杯になりそうなので、予約いた方がよいと言われ予約。

合流して、予約した店に行く。
テーブル席もかなり空いており、個室もどきの仕切りあり席も空いているのだが、全て予約済と、言われ宴会の大部屋の席に案内される。
ちょっと人に聞かれたくない話もあったので店を移動。

次もテーブル席はガラガラだが、
全て予約が入っているといわれ、カウンター席に案内され店を移動。

近場をまわって、入ったことのあるイタリアンの系列店へ。
こちらも混み合ってはいたが、テーブルと堀炬燵席が空いていて、仕切りもあったので、堀炬燵席へ。
食事も美味しく、周りも気にならずに、久しぶりの再会に会話も弾み、あっという間に時間が過ぎて満喫!


まだ早い時間し、休日にそんなに予約が入るのか?

まあ、2人に座らせるより、4〜5人に座らせたいってのもわかる。

次回はちゃんと調べて、必要なら予約とってから行こう。




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446689399

この記事へのトラックバック