2017年03月28日

整列乗車なんてしないよ!だって座りたいもん!

通勤電車。
行きも帰りも出来れば座りたい。
子供から年寄りまで同じ気持ち。

先頭に並んでいると、その隣の半歩前に並んでくる。
これは、まあセーフ。
数人が一列に並んでいるのに、
先頭の隣に並ぶ。
これも微妙なとこ。
列は2〜3列並び推奨だし。

電車がやって来て、扉が開くタイミングに合わせて、列の後ろから、先頭にわいて出る。
ホームを歩いてたら、たまたま自分の前でドアが開いたから乗っちゃった。ラッキー!

ってのはアウトかな。

以前、それほど混雑していない時間、
乗車位置には自分と親子連れしかいなかったんだけど。

電車の到着に合わせて、男の人が近づいて来て、ドアが開くと同時に先頭で乗り込む。


子供の手前なのか、父親が
「人が並んでいるんだから、割り込みはよくないよ。」
みたいに、軽く注意。

その時は何も言い返さず、
席に座った父親の前に立ち、両手で吊り輪を持ち、前傾姿勢で、顔を近づけにらみ続ける。
この車両には、自分と親子連れと男のみ。

いやいや、人少ないんだから、何も横入りしなくても、誰もいないドアから乗ればいいんじゃ?

座りたかったんなら、とっとと座れや。

自分は先に降りたので、その後どうなったのかはわかりません。

子供たちになんて説明したんだろう。

「世の中にはおかしな人もたくさんいるから、自分が正しいと思っても何も言わず黙っていた方がいいんだよ。」





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック