2017年05月28日

「最悪のはじまりは、」塔山郁

はじまりは、ちょっとした下心だった――。
『このミステリーがすごい! 』大賞作家が描く、不幸の連鎖。人生に挫折し、
パチンコに入り浸る資格試験浪人の聡は、
ギャンブル依存症のサラリーマン、借金漬けの妖艶な人妻と、
行きつけのホールで知り合いになる。懇意になった二人から、
聡はやがて大胆かつ周到な現金強奪計画を持ち掛けられる。ほんの少し、
富を分け合うだけ……。そんな下心のため、
転がり落ちていくギャンブル中毒者たちの人生。底辺にいた彼らの行く末は?


いや〜な話で、なかなか読み進まず・・・・・
自分もパチンカーなので、なんかこんなエピソードを聞いたような、
目にしたような。
もしかして、実際に身近で起こっているんじゃないか???
という怖さ。
射幸心という魔物に魅入られた大人のたどる道。

気を付けよう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 最悪のはじまりは、 /塔山郁【著】 【中古】afb
価格:198円(税込、送料別) (2017/5/28時点)






にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック