2017年12月30日

「占星術殺人事件改訂完全版」島田荘司

女性の六死体はなぜ必要か?鬼才の出世作品昭和十一年に起きた怪事件は、一人の画家の遺書から始まる。六人の処女の肉体部分を星座に合わせ合成するという。そして画家は殺された!鬼才の衝撃的デビュー作

怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあげくバラバラ死体となって…。奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。


島田荘司のデビュー作にして代表傑作と言われている作品ですね。
遅くなりましたがついに手を出しました。
改定完全版ということで、当時の作品とは変わっておりますが、問題はないでしょう。

40年前の未解決事件。
自称他称名探偵がチャレンジしたものの誰も解決出来なかった事件を、
御手洗君が解決してしまう。

どいつもこいつもダメダメだったのか???
御手洗君が素晴らしすぎるのか・・・・・

さ、この勢いに乗って、次の作品を読むとしよう。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

占星術殺人事件改訂完全版 (講談社文庫) [ 島田荘司 ]
価格:905円(税込、送料無料) (2017/12/30時点)







にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
posted by のほほん at 15:32| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: