2018年03月05日

痴漢騒ぎに静まり返る車内

遅めの電車で、無事座席を確保し、目を閉じていると・・・・・


「この人痴漢です!」
「痴漢じゃねえだろバカ!邪魔なんだよ!」

などとの騒ぎが・・・・・

目を開けてみると、座席はうまっていて、数人立っている程度で混みあってはいない。
痴漢にあって声を上げた被害者と、知らッばっくれる加害者かと思いきや・・・・

端の席に座ってスマホを見ている男性と、
その席にもたれかかってスマホを見ているいる女性。

女性のリュックが男性に押し付けられているので、
それを押しよけている男性・・・・・


痴漢!   ではないかな。

女性は、決して体勢を変えたり、リュックを男性に当たらないようにしようという気はないようで・・・・

男性も同様。

そして
「この人痴漢です!」
「痴漢じゃねえだろバカ!邪魔なんだよ!」

と、繰り返す。
まわりの人たちも関わる気なし。

もしかしたら、喧嘩中のカップルかもしれない・・・・・とも思えてくる。
人騒がせな。

どちらも自分は悪くない。絶対動かない!
との強い意志が感じられ、
「この人痴漢です!」
の言葉にも、被害者的な切実さではなく、人を小馬鹿にしたニュアンスが感じられる。

そのまま本人たちより、周囲の人たちが緊張した状態で、
目的についた男性はスマホを見たまま降りて行った。

女性の横を通る際、なんか捨て台詞でも吐いていくのかとドキドキしてしまったが、
何事もないように去って行った。


こうして痴漢冤罪事件が生まれていく・・・・・こともあるのかもしれない。










にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 10:00| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: