2018年05月04日

傷はきれいに消えたものの、シミがあらわれました!

どんくさく転んでしまい・・・・
普通顔は守って手を付くはずなのに・・・・
と、まわりから不思議がられ・・・・・

だってだって・・・・・ぐっすん。

目の下のほっぺの大きな擦り傷は、
キズパワーパットを貼り続けきれいになくなりました。

貼り続けた間はマスクでも隠れず、
当然目立ってしまい恥ずかしかったけど。

キレイに皮膚が再生して、傷跡は若干ピンク色でしたが、
時間とともに色が濃くなってきて・・・・・

もともとあったのかしら?
と思うような大きなシミに。


これはもうシミとして残り続けるのか?
それとも治りかけの傷の一過性のものなのか?


ググてみると、

傷跡にできるシミを「炎症性色素沈着」と言う。
炎症から皮膚を守るため、紫外線を浴びたときと同じように、有害なダメージから体を守ろうとしてメラニンを増やしてしまう。
炎症性色素沈着は、紫外線が原因でできるシミに比べると消えやすいと言われている。
時間の経過とともに自然と消えていくものが多いらしい。

炎症性色素沈着を早く消すためには?
・肌の保湿を徹底する
・紫外線対策をする
・ピーリングをする


シミケアと同様、自己流で悪化する場合もあるため、
美容クリニックに行くのが手っ取り場合かも。らしい・・・・・


そうかあ・・・・・シミかぁ・・・・・。


鏡さえ見なきゃ大丈夫!


はあ・・・・(ため息)。




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 15:56| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: