2018年07月16日

「雨に泣いてる」真山仁

人はなぜ過ちを犯すのか。

3月11日、東北地方に巨大地震発生。
人間の営みが蹂躙された被災地で、
懸命に取材を行う一人の新聞記者が
探り当ててしまったのは、
そこにある悲劇だけではなかった。

最大の挑戦にして、最高到達点。
心を撃ち抜く衝撃の社会派ミステリ誕生。

書き下ろし

3月11日、宮城県沖を震源地とする巨大地震が発生し、
東北地方は壊滅的な打撃を受けた。
毎朝新聞社会部記者の大嶽圭介は志願し現地取材に
向かう。
阪神・淡路大震災の際の失敗≠克服するため、
どうしても被災地に行きたかったのだ。
被災地に入った大嶽を待っていたのは、ベテラン記者もが言葉を失うほどの惨状と、
取材中に被災し行方不明になった新人記者の松本真理子を捜索してほしいという特命だった。
過酷な取材を敢行しながら松本を捜す大嶽は、
津波で亡くなった地元で尊敬を集める僧侶の素性が、
13年前に放火殺人で指名手配を受けている凶悪犯だと知る……。

あなたなら、その時、何ができるだろう?




購入して、少し時間が経ってしまった。
読み始めて・・・・・

あれ???
ミステリーとして買ったはず???

と思ってしまった。

が、ちゃんとミステリーだった。

ゆとり世代の困ったちゃんお嬢様の、新人女性記者にイライラ。。。

まるでドラマ「24」の余計なことばかりしてくれる娘・・・・・なんてことを思い出しつつ。



人として・・・・・と記者として・・・・・の取るべき行動は違うのか。そうなのか。


自分の利益優先の為の汚い騙しあいもありつつ。


人の罪は現在の行いによってなかったことに出来るのか。
暴くべきか、そぉ〜っとしておくべきか。

そもそも、この人は悪人だったのか・・・・・

なかなか読み応えがありました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雨に泣いてる (幻冬舎文庫) [ 真山仁 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/7/16時点)









にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 18:06| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: