2018年10月24日

健康診断で落ち込む・・・・・



健康診断を受けたら、2週間後に検査結果を聞きに行く。


医者からの結果発表!
検査結果を見ながら、
これも大丈夫。あれも大丈夫。


レントゲンを見ながら・・・・・


「ここに何かあります。」



(・・・・・・なんかってなんだよ!)

「ここは何ですか?」(臓器名を教えてくれ)

「心臓から出ているわけではないですね。」


(てめぇぶっ殺す!)

「MRIを受けてください。」

(また来るのか・・・・いつがいいかな・・・・・)

「これから撮影して、終わったらまたここに戻ってきてください。」

(え?これから?
もしかして、まじやばいやつじゃね?)


待ち時間もほとんどなく、撮影後、診察室に入る。


(どきどき・・・・)

「あれ・・・・何もないですね。
肺がんだと思ったのに・・・・・」

(やっぱ殺す!)


「自分が学んだ時にはMRIなんてなかったから、もう一度若い先生たちにも、
この写真を見てもらって、確認しますので、1週間後もう一度来てください。
今日のところは、心配ないので、枕を高くして安心してお休みください!」


(意味わかんねぇ。安心して寝られるわけないだろう・・・・・)


1週間後・・・・・
協議の結果問題無し。


なんともなくて、
良かったっちゃ〜よかったけど、自分にも起こりうるガンについて、
どうやって受け入れるべきか考えた数日間だった。




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 18:50| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: