2018年10月26日

眼科で行こう!

眼鏡を作ったのは・・・・・

数十年前。
眼科ではなく、近くの眼鏡チェーン店。


片方が、近視と乱視。
もう片方が遠視。

裸眼のままでも支障はない。
が、眼鏡をかけると文字がくっきり濃く字が太くなったように見える。

その場では感動したが、必要性は感じず、放置したまま・・・・・




今回も同じパターンになる可能性は大!
だが、思い立った勢いで行ってみた。


かなりの混みっぷりだったが、この機会を逃すと
次、来るのはいつになるかわからない。

2時間以上待って、名前を呼ばれる。
医師ではなく、
看護師さん?視能訓練士さん?
が、視力を図ったり、いろいろなレンズを選んで試させてくれたりと、
かなりの時間をかけてくれる。

その後、医師の診察。
眼圧とか、白内障、緑内障の疑いがないか、傷の有無を確認。

傷はあったが、瞬きしないとできる程度の傷で、1時間もすれば治る傷らしい。
他は問題なし。


眼鏡に関しては、医者はノータッチなのね。

会計時に、目薬と眼鏡の処方箋をもらう。
眼鏡は好きなとこで作ればいいらしい。
好きなとこって言われても。
どこ行こうかな。





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 10:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: