2017年11月05日

スマホの保護フィルムがうまく貼れません・・・・・

スマホを替えたものの、保護フィルムが売ってなくって、
購入時のフィルムを貼ったまま。
気付いた人には笑われる。。。。。
しかし、購入するまでは我慢我慢!

やっとネットで購入し、手元に届いてから、貼ってみたものの、
きちんとした場所で貼らなかったため、
あっちに転がり、こっちに転がりしていて・・・・・

フィルムに埃が・・・・・

再度購入し、商品が届くまでは我慢我慢!!!

このフィルムは指の滑りもいいし、ブルーライトカット?だっけな?
光の当たり具合によっては、ブルーに変化し、のぞき見も出来ない。

が、違う商品を購入してしまった。

再度貼り直す・・・・

今回はちゃんと台の上で準備。
貼り方もキチンと確認してチャレンジ・・・・・

でも、ちょっぴり気泡が入ってしまう。

ぶきっちょだからこれが限界かな。

スマホケースに入れてると、
気が付くと、端の方が浮いてくる。
これも仕方ないのかなぁ。

何事も完璧にはいかないなぁ。




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 14:30| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

「神の時空 倭の水霊」高田崇史

『QED』や『カンナ』などの人気シリーズを持ち、
著作累計200万部突破の高田崇史氏が切り開いた、
歴史ミステリの新境地『神の時空』シリーズ第二弾!
横浜で起こった不可解な殺人事件と、東海地方を襲ういつ止むともしれぬ豪雨。
一見、無関係に思える二つの現象の背後に蠢く闇の存在……。
古代英雄伝説に隠された驚愕の裏面史を、現代のシャーマン・辻曲兄妹が暴き出す!

OLの涙川紗也は、横浜・レンガ倉庫近くで男の死体を発見。
現場を走り去った彼女は、容疑者として、警察から追われる身となってしまう。
その頃、東海地方では、いつ止むとも知れぬ豪雨が降り続いていた―。
一見、無関係に思える二つの現象。
だが、背後に蠢く闇の存在を感じた辻曲兄妹が探索を開始すると、
一人の古代史上の人物が浮かび上がってきた。その名は、日本武尊…。



読み始めてすぐに手を止める・・・・
調べる。
良かった!シリーズものだった。
前回といい、今回といい、何も考えてない割には、
シリーズものと気付きもせず、
そして1巻目、2巻目とダブることなく、順番に購入している自分を褒めてあげたい。

あらすじ読んで、自分をストーカーしていた男の死体を発見!
から始まるミステリーものだと思ってたし。

歴史って事実を記録して後世に伝える・・・・ではなく、美しく残す。
事実のまま残したら流石にマズいだろ!的な、
今やたらと使いまわされている、 
’忖度’


専門家たちも、正しいと信じている記録物を研究して、自分の解釈を語るだけで、
その場で見てきたわけではない。

となると、全ては誰かの想像?
その時の偉い人が、こうゆうことにしとけばいいじゃん(^^♪みたいな。
何を信じたらいいのか・・・・・
自分の目で見たもの以外は、信じられないぞ。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

神の時空 倭の水霊 (講談社文庫) [ 高田 崇史 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)







にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 10:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

「鬼変 討魔戦記」芝村凉也

浪人の子市松が父の死後、瀬戸物商身延屋の小僧となって一月余り。
ある日、人のいい身延屋の主夫婦は、見世の前で行き倒れた物乞い夫婦を手厚く保護した。
その夜、何者かの影が番頭、手代を刺し殺し、
いよいよ市松ら小僧の眠る部屋の障子に手をかける。
慌てて押入に隠れた市松は、信じられない惨劇を目撃した―。
人が“鬼”と化す不穏な江戸で、激闘が幕を開ける!
2011年『春嵐立つ 返り忠兵衛江戸見聞』でデビュー。
「素浪人半四郎百鬼夜行」シリーズは「この時代小説がすごい!2016年版」文庫書下ろし部門で五位入選。



普通の時代劇ではなく、ミステリーオカルト系のものについつい手が伸びてしまう。
非常に読みやすく・・・・・というか、読みやすすぎてさらっと終わってしまった。
たぶん、長編シリーズものだから、謎はそのまま残して次の作品読んでね!って感じなのか?

長編ものなんてずーっと読んでないからなぁ。
気が短いから、あんまり先延ばしにされてもなぁ。
その頃には、きれいさっぱり忘れてそうだし。
完結してる作品なら、ネタバレでサクッと疑問解決してスッキリ眠れるのだが、
始まったばかりだから、作家さんに聞きに行くしかないし。
まだ考えてないかもしれないし・・・・・

先を待つとしよう。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼変 討魔戦記 [ 芝村凉也 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)






にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ



posted by のほほん at 10:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

「笑×演」 面白い!今まで見逃していたなんて・・・・・

なかなか寝付けなくって、TVを付けると
面白くって見入ってしまった。
「笑×演」(テレ朝水曜深夜)


強面の小沢兄弟が漫才をしている・・・・・
(この人たち兄弟だったんだ。
元芸人だっけ???
イヤイヤ、若い時青春ドラマの不良役とかで出てたよな・・・・)

漫才が板についている。
漫才師と言われても納得してしまいそうな完成度。
最近のつまんない、何が面白くてみんな笑っているのだろうって人たちとは
比べ物にならにくらい面白かった。


翌週分からは録画するとして、
いつから始まったのかはわからないが、損していた分を取り戻すべく、
動画を探して次から次へと視聴していく、

こんな人まで出ていたの?
しかも面白いし。

2017年1月・3月に特番が放送され、
好評につき4月からレギュラー放送らしい。

DVDはまだ出ていないようなので、見つかる分だけ見てやるぞ!



にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 06:00| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ついに禁煙!ってわけでもないんだけど・・・・

体にも財布にもよくないとはわかっていても、
なかなかやめようとは思わず・・・・

最近、どんどん追いやられていき、居場所のなくなる喫煙者。
自宅で吸ってても、家族に邪魔にされ・・・・
一人暮らしでも、ベランダで吸っても苦情。
中で吸ってても、換気扇から臭うと苦情・・・・・・


完全防音にリフォームならぬ、
完全臭い吸着!
空気清浄機を購入して、臭いを外に漏らさない!

喫煙者も、嫌煙者も以上に神経質。
(ごく一部だと思います。たまたま自分の近くにいただけ。)

喫煙者の自分でも、路上喫煙や歩きたばこにはイラっとします。

家を出た途端、タバコに火をつけ歩き出すサラリーマン。

家では吸えないのだろうか?
駅までの道のりが喫煙タイム???
わからないでもないけど迷惑だから。


吸ってもよいとされている場所。
路上の喫煙所。
まるで動物園のように囲われて、まわりの目にさらされながら罰を受けているよう。
タバコを吸うためだけにコーヒ-ショップに入ることも多い。
ちょっと、吸い過ぎて気持ちが悪くなることもある。

まわりにアイコスを吸っている人も増え始め・・・・・が、ちょっと臭いが独特で
自分は苦手。

ビタミンを吸うもののあるらしいが、
なんかよいものはないものか。

調べればいろいろある。
が、ちょっと形状が大げさだったりして。

んで、行きついたのが

FLEVO(フレヴォ)
見た目もタバコっぽい。
フレーバーが、タバコ味、メンソール味、ベリー味と少ないが、
安いし・・・・・
通販のみで、後払い、代引きが使えず、カード払いなのは嫌だけど。
とりあえずのスタートとしては良いかなと。


商品が到着。
本体・タバコ味・メンソール味のカートリッジ・充電器のセット。

充電はUSBに差し込むタイプ。
コンセントとの変換機があったので問題なし。
吸っていて物足りなさも当然あるものの、吸い方のコツをつかんでしまえば解消。


自分はニコチン中毒ではなく、口寂しい派だったのかな。
ガムや飴の代用と違って、吸って煙が出るという行為が良いみたい。


これ使っていきなり禁煙!
とは思っていないが、減煙出来ればいいな。






にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 20:53| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TVer〜もっと早く知っていれば。

「アウトレイジ〜最終章」の宣伝として、北野武がTXの生放送に出演。
しかも、1日休んだことがネットで話題になっており・・・・・・

なんだなんだ???
いろいろググっていると、TVerというものがあり、民放放送の番組が放送後の1週間だけ配信されているとか。
お・・・見られるじゃん!

と早速5日間分を視聴。

「おはよう、たけしで すいません。」

さすがTX朝の7:30〜8:00よく放送したわ。

我が道を行く!というか、どうせ誰も見てないだろ!と思っているのか・・・・・

内容は・・・・・深夜のラジオ番組って感じですかね。
面白いことは面白いんですけど。
オンタイムで見た人も、もちろんいるんでしょうが。
朝の出勤準備に忙しい時間に放送する内容ではないかと。

どう考えても深夜枠。
深夜枠には空きがなく、何とか開けられるのはこの時間だったのでしょうか?

スタッフはクビになってなきゃいいですけど。

「TVer」
全番組が見られるわけではありませんが、
今まで見たことのない番組や、存在すら知らなかった番組の中にも
面白い番組があるのかもしれません。
自分好みの番組に出会える可能性もあります。

もっと多くの番組が配信されればいいのにな。




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 18:56| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

「マリオネットの罠」赤川次郎

作家生活30周年記念。
赤川次郎の処女長篇。
“私の事を、父は「ガラスの人形」だと呼んでいた。脆い、脆い、透き通ったガラスの人形だと。
その通りかもしれない"…森の館に幽閉された美少女と、大都会の空白に起こる連続殺人事件の関係は?錯綜する人間の欲望と、息もつかせぬストーリー展開で、日本ミステリ史上に燦然と輝く赤川次郎の処女長篇。




オススメ記事によく出てきて、赤川次郎先品では、一番面白いとか。

デビュー当初から、人気作家で
よく読んでいたから、この作品もすでに読んでいるかも。

この方の作品はとにかく読みやすい。
あっという間に読み終わってしまう。

んで、探してみたもののどこにもなくて、
仕方ないからネットで購入するか。
と諦めていたら、見つけて即購入。
即読み終わる。


これも、いやミスだよね〜。
とっても不愉快。
なんか腹立つ。
犯人以外に同情してしまう。
あなたたちは何も悪くないんだよ〜。(たぶん)
ちょっと運が悪かっただけ。

読めてよかったです。











にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 15:17| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

「傷だらけのカミーユ」ピエール・ルメートル

『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ三部作の最終作。
『その女アレックス』に続き、イギリス推理作家協会賞の2015年度インターナショナル・ダガー賞を受賞。 アンヌという女性が二人組の強盗に殴られ瀕死の重傷を負った。
警察からカミーユに電話がかかってくる。
アンヌの携帯の連絡先のトップにあったのがカミーユの電話番号だったからだ。
カミーユは病院に駆けつけ、アンヌとの関係を誰にも明かすことなく、
事件を担当することにする。
しかし強引なうえに秘密裏の捜査活動は上司たちから批判され、
事件の担当を外されるどころか、
刑事として失格の烙印さえ押されそうになる。
カミーユはいったいどのようにして窮地を脱し、
いかに犯罪者たちを追い詰めることができるのか。
シリーズ累計100万部突破。2016年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位。


今回も「え〜〜っ???」
って展開です。
カミーユ可哀そう過ぎ・・・・・

まったくこの方の作品に出てくる犯人の
執念深さ、気の長さには感動します。

この執念を他に生かせば絶対成功者になれるっつーのに。
方向性を間違ってますよね。

まぁ、その目的を果たすために生まれた執念だから、他には向かわないのかもしれませんけど。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

傷だらけのカミーユ (文春文庫) [ ピエール・ルメートル ]
価格:907円(税込、送料無料) (2017/10/7時点)






にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 20:24| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

ネタバレ大活躍!

気になった映画、ドラマ、小説、
読んだはずだけど忘れてしまったものなど、

タイトルネタバレでググって、詳しいあらすじや、詳しい解説を読んで済ませる。
どうしても読みたいもの見たいもの以外は、時間短縮で便利。

しかも読んだ気分で満足感も得られる。

自分にとって、映画も読書もこの程度の趣味なんだな・・・・・・





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 19:51| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

携帯カバーが届いたのだが・・・・・

注文してから製作開始・・・・って事だったけど、
機種に合わせた取り付けカバーくっつけたり、
カメラやボタンの位置に合わせて穴開けるって事なんだろうな。

問題なのは・・・・・
生地が分厚いせいか、指紋認証ができない・・・・・
直接指全体を当てることが出来ず・・・・・

これは指紋以外の認証方法を選べば済むこと。

そして、おまけでつけてくれた、保護フィルム!!!
お待ちしておりました!


ん〜???
合わせてみると、端が足りない。
ショップ自体に保護フィルムがなかった為、比べることが出来ないが、
両サイドがカーブしている、この部分は、保護しないってことなのか?

貼らないでおこう。
そしていつかショップに寄った時、フィルムがあれば確認してみて、
端までのフィルムが販売されていれば買ってみよう。




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ


posted by のほほん at 20:00| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする