2018年07月01日

「死刑にいたる病」櫛木理宇

鬱屈した日々を送る大学生、筧井雅也(かけいまさや)に届いた一通の手紙。
それは稀代の連続殺人鬼・榛村大和(はいむらやまと)からのものだった。
「罪は認めるが、最後の一件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」
地域で人気のあるパン屋の元店主にして、自分のよき理解者であった大和に頼まれ
、事件の再調査を始めた雅也。その人生に潜む負の連鎖を知るうち、
雅也はなぜか大和に魅せられていき……
一つ一つの選択が明らかにしていく残酷な真実とは。
『チェインドッグ』を改題・文庫化。



面白くないわけでもなく、読みにくい訳でもないのに、
最初のうちはなかなかページが進まず・・・・

どこからかは忘れたものの、
止まらなくなり一気に終了。


自分の偏った思考の読むものには、
連続殺人犯だ、サイコパスだ、上手くいかない現実を受け入れられずにイラ立つだ、
珍しくもないパーツ。


たまには普段と違うジャンルの本を選ぼう!
なんて思ってもいつも通りの選択・・・・・


しかし、そんな偏った選択をし続けてもまだまだ、
驚かせてくれる本はたくさんあります。
ありがたい!


今回のサイコパスさんも素晴らしかったです・・・・・・
怖すぎ・・・少しずつしみ込んでくるイヤ〜な感じ。

ひどい奴だとわかっていても、好意を捨てることができない・・・・・
自分が選択した(させられた)ことで、他者に被害を与えてしまったことに対する罪悪感。


自分が選ばれたという優越感!
人間って認められたい生き物なんでしょう。


サイコパスにとっては、いっぱいまいた餌に食いついた一人にすぎない。
生きている間続ける、暇つぶしのようなゲームの一つに過ぎない・・・・・


幼少期のトラウマだの脳の傷だのいろいろ上げたところで、
見た目もあまり変わらず、同じように生活しているものの、

根本的に別の生き物なのではないのだろうか。








にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 19:53| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

女性専用車両でもギスギス

いつものように、朝の女性専用車両に乗っていると、
後ろの方から、
「押すんじゃねぇ〜よ!」との怒鳴り声が。
「満員電車なんで・・・・・」
「さっきまで混んでなかっただろ!」
「・・・・・」

雰囲気、
20代後半VS20代前半でしょうか。

ここで騒動は終了しましたが、
吊革も掴めない場所で、
ちょうど揺れの激しい区間。
ちょっと体が触れた程度ではないかと思いますが、イライラしていると
怒りの感情が吹き出してしまうのでしょうか。

ドキドキ。





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 16:11| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

満喫も使える?

帰りが遅くなり、朝起きる自信もなく、
何より疲れてしまい、もう動く気力もない。

満喫。
以前、仕方なく利用したものの、一睡も出来ず。

知人にここは快適だったよ!
と、教わったところに行ってみました。
完全個室で、周りの音が気にならないとか。

前回、リラクゼーションタイプで失敗したため、
フラットタイプ。

お、椅子ではなく、座敷タイプなのか。
薄めのブランケットが置いてあり、ちょっと寒かったので、空調を切った。
バスタオル、ドライヤーも無料で借り、
シャワーも浴びて。
普段はとっとと寝ていたが、
移動時間が、無い分、テレビまで見て
いつも通りの睡眠時間。

積極的に使うつもりはないが、困ったときは、また使おう!





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 22:00| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこの父親なんか言うことはないのか?

お店を出ようとした時、子供が自転車に乗ろうとしていて、
入り口を塞いでいました。
ま、急いでいるわけでもなし、そのうち出ていくでしょう。
が、横付けのまま動かず。
隣に父親らしき人物。
子供と会話をしつつ、
入り口横の椅子に座ったまま、タバコを吸い始めました。
こちらをチラ見したので、出られないのはわかっているはず。

出る人の邪魔になるから、ちょっとズレようね。とか、
こちらに、邪魔してすみませんとかもなし。


こっちから、邪魔だどけ!
と言われるまで知らんぷりなのか?

いくら待っても無駄とあきらめ、
壁づたいに看板の隙間を通って隣の建物の方に移り、通りに出ました。

どけ!の一言が言えない。
こちらもダメな大人でした。






にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ
posted by のほほん at 13:54| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

最近の、喫煙席の利用の仕方。

曜日や時間帯によっては、
喫煙席が満席。

他の店をさがすのも面倒なので、
喫煙席に近い席に座り、空くのを待つ。
空かなければ、吸うときだけ入り、
立ったまま空いている場所で吸う。

一緒にいるのが、禁煙者で
タバコ臭いのやだ!
って、言われたときも同様。

中には、自分は吸うが、
他人のタバコの臭いはいや!
喫煙席に座るのはいや!
って人もいて、吸うときだけ移動する人も多い。

これまでと、何が変わったのか?

どんな方法をとろうと、全く吸わない人からは、喫煙者はすぐにわかってしまう。

全ては本人の自己満足のみ。





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ



posted by のほほん at 15:30| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者間に生まれ始めた差別感。

喫煙者が悪と認識され、どんどん追いやられていく今日この頃。
喫煙場所を探し求めて旅に出る。

お店に入り、全席禁煙です。
と言われて他の店をさがすことになるめんどくささ。

喫煙者がどうしなのに、
アイコス等を吸ってるやつらの、
お前らとは違う的な冷ややかな視線。

やだやだ。





にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 15:20| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

ひどすぎると思いつつ、電車の中で吹き出しそうになった。

マメにチェックしている、リテラの記事。
小説の中に無理やり、私情を持ち込んでよいのでしょうか?
出版社がOKなんだからいいのか。

自分も、大嫌いな人には、全く同じです!

名誉毀損で訴えられませんように!


武田鉄矢に中原昌也が小説で面白すぎる罵倒!




にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ




posted by のほほん at 22:50| Comment(0) | のほほんの、つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸

直木賞のみならず、本屋大賞を2度までも受賞した著者の隠れた傑作!

舞台は、アパートの一室。
別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。
初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿-――。
共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始め、
最後の夜≠ノ濃密な心理戦が繰り広げられる。
かつての恋人は、ひょっとして殺人犯なのか?
過去をめぐる物語は次々と意外な事実を明らかにし、朝の光とともに訪れる真実とは――。

「相手が殺人犯ではないか」というシンプルな攻防が続く心理戦が、
いつしか「事件の真相」以上に衝撃的な事実にたどり着く。
次々と明らかになる過去の秘密と、移ろいゆくふたりの心……。
互いの腹を探り合うスリリングな興奮と、
好きなのに疑ってしまう恋愛の切なさに一気読み必至の、傑作心理サスペンス。



当然ながら、読み始めは
主人公二人が、どんな関係せいなのか、どういう状況に置かれているのか、
何を話し合おうとしているのか全く分からず。

これはちょっとした、盗み見・盗み聞き状態。

喫茶店やファミレスなどで、隣の席で深刻そうな会話をしており、
ついついそちらに集中。
先が気になってしまいなかなか席を立つことが出来ない。
話の途中で相手が席を立ってしまったら、呼び留めることも出来ず、
その後もしばらくは気になってあれこれ想像してしまう。

そんな人間の本能とも呼べる部分をしっかり掴んでくる。
別れ際の痴話話かと思いきや・・・・・
・・・・・では終わらず、さらに・・・・・
え?
・・・・・ってこと?
・・・・・・・はい?
静かに、どんどん複雑な展開に・・・・・・思考停止してただひたすら盗み聞き。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

木洩れ日に泳ぐ魚/恩田陸【2500円以上送料無料】
価格:669円(税込、送料別) (2018/5/4時点)








にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 13:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

「あそこの席」 山田悠介

転入生の瀬戸加奈は、クラス全員の冷たい視線を感じた。
加奈が座ったのは“呪いの席"だったのだ。
かつて、その席にいた生徒たちは、自殺したり、ノイローゼになったという。
やがて始まった無言電話と、毎日送りつけられる不気味な写真。
さらに、被害は加奈の妹にまで及んだ。
激しさを増す嫌がらせの果てに、加奈が辿り着いた狂気の犯人とは。



10年以上前に映画化されていたんだ・・・・・

長いこと気が付かなかったんだな。
行動範囲の本屋には置いてなかったのかな。

学園七不思議に紛れ込ませた悪意。

始まりは、え・・・・そんなことで?
なんて思ってしまうのは、自分が年を取りすぎてしまったせいなのか・・・・・


被害者であり、加害者でもある。
一度手を染めてしまうと、そこから抜け出すことも出来ない。
どうやって自分を守るべきか。
・・・・・・大人でも難しい。


今回は主人公を気に留めて、助けてくれた大人がいてくれたおかげ。

やはり子供のトラブルにはキチンと向き合ってくれる大人がいないと
解決しないって事だよな・・・・・










にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ

posted by のほほん at 10:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

「あぶない叔父さん」 麻耶 雄嵩

犯人はまさか、あの人!? 
常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」本格ミステリ!

四方を山と海に囲まれ、因習が残る霧ヶ町で次々と発生する奇妙な殺人事件。
その謎に挑む高校生の俺は、寺の離れで何でも屋を営む人畜無害な叔父さんに相談する。
毎度名推理を働かせ、穏やかに真相を解き明かす叔父さんが最後に口にする「ありえない」犯人とは!
本格ミステリ界の奇才が放つ抱腹と脱力の連作集。



主人公の優斗・・・・・どんだけ叔父さんの事が好きなんだ・・・・・
めちゃ、目が曇ってしまっているのか?

これは感想自体がネタバレになってしまうのでは・・・・・・



























ネタバレ・・・・・ネタバレ・・・・・・・ネタバレ・・・・・






叔父さんは名探偵!
っていうか、こんなに詳しく推理しているのは、
推理じゃなくって、当事者だから・・・・・・・
犯人はお前だ!


優斗!
お前何素直に受け入れてるんだよ!
通報しろよ!


とイライラしつつ、
ほのぼの進んでいくことに取り残されていく・・・・・



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あぶない叔父さん (新潮文庫) [ 麻耶 雄嵩 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2018/5/4時点)






にほんブログ村


ミステリー小説 ブログランキングへ




posted by のほほん at 13:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする